午後23時、アメリカ南部にて
アメリカのテキサス州ヒューストンに駐在する筆者が当地にて感じた様々な事柄をお伝えします。
04 | 2018/05 | 06
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパン・フェスティバル
東京に住んでいた頃、代々木公園でよく行われていたタイフェスティバルやベトナムフェスティバルといった様な、日本に住む各国の外国人の人達が開いたイベントが好きで、よく足を運んでいた。中でもラオスフェスティバルは、会社の元同期も含めて知人が何人か主催者側にいたこともあり、特に楽しみにしていた。そして、会場では、手作り感あふれるステージやお店を好ましく思うとともに、故郷の料理を誇らしげに説明する友人の真摯な姿勢に、ある種の尊敬の念を感じていたものだった。

その時は何年かして自分が逆の立場になるとは思っていなかったが、いざ自分がその立場になってみると、まるで自分が日本代表ででもあるかの様に、目の前にいるホスト国の人達に少しでも自分の国のことをわかってもらおうと必死にならずにはいられなかった。そのことに気づかされたのは、この週末にヒューストンで開催されたジャパンフェスティバルにボランティアスタッフとして参加した時のことである。

ジャパンフェスティバルはヒューストン日米協会が主催し、ハーマンパークという大きな公園の一角を貸しきって行われるイベントで、ヒューストンにおける日本に関するイベントとしては最大のものであると思う。在ヒューストンの各日本料理店や、日系小売店、商工会などが店を連ね、いつもは感じられない「ジャパンタウン」とでも言うべき空間が立ち現れたかの様な雰囲気だった。そんな中、商工会ではボランティアスタッフを活用して、例年同様、金魚すくいやヨーヨーつり、輪投げなどの日本のお祭りでお馴染みの出し物を用意していた。

僕は一日目の午後、輪投げのブースで子供たちの対応を担当した。好奇心の塊の様な子供たちが、白人、黒人、アジア人の別なく、ほぼひっきりなしにやってくる。そして彼らが、たどたどしい手つきでわっかを投げ、それが見事それぞれ点数が書かれた棒に収まると、目をキラキラ輝かせながらこちらを見つめてくるのに接して、僕はすっかり嬉しくなり、同時に、子供の頃の思い出に引き戻されてしまった。

思えば、輪投げや金魚すくいといえば、故郷である静岡県静岡市瀬名でのお祭りでは欠かせない出し物だった。JRの駅から遠く離れた瀬名で、自転車で移動できる範囲が世界の範囲とほぼ等しかった少年時代の僕にとって、町内のお祭りは大きなイベントで、それぞれの出店に大いに興奮したものだった。言うなればお祭りの風景は、僕にとって日本らしさの原風景の一つであった様に思う。

今日ここに来てくれた子供たちにそれに近い体験をしてほしい、そして、少しでも日本を身近に感じてほしい、そういった一心だった僕は、必死になって子供たちに接し、とある男の子が最高得点であり、おもちゃが4つもらえる6点をたたき出した時には、町内のお祭りの時の近所のおじさんさながらに、祝福の意味で鐘を鳴らし、歓声を上げていた。

その日の営業を終了し、それでも会場に溢れるアメリカ人の多さにまるで自分がほめられているいるかの様な喜びを感じていると、その場に、力強い太鼓の音が響く。一日目のクライマックスとしての琉球国祭り太鼓の演奏である。鮮やかな衣装に身を包んだ踊り手も含めて、日本人はいないようだ。

3年前、沖縄での同期の結婚式で初めて琉球太鼓を聴いた時には、むしろその異国風味が印象に残ったものだったが、今ここヒューストンにいて改めて聴いてみると、「琉球国」という呼称にも関わらず、それがまさに日本らしく感じられ、たくさんのアメリカ人がこの演奏と踊りに参加してくれているのに感謝の念を抱かずにはいられなかった。

最後に、ジャパンフェスティバルの主催者の皆様、本当にお疲れ様でした。皆様のご尽力のおかげで、この週末はヒューストンに住む日本人、日本に興味があるアメリカ人にとって忘れられない日になった様に思います。

taiko.jpg




スポンサーサイト

この記事に対するコメント

もりもり兄、お疲れ様!

こういったイベントで日本に興味を持ってもらって、日本という国をさらに知ってもらえればと願わずにはいられないね。一つ質問だけど、現地にいる各国の人から見ると、日本への注目度というのは想像以上に高いニュアンスかい?

ずーっと思ってるんだけど、昨今グローバル化の名の下に英語教育だなんだと、自国の文化をないがしろにする風潮が見られるのは極めて残念なこと(全否定するわけじゃない)。当の我々日本人が自国のことを分かっていないということが一番の問題だと思うわけです。

「神道ってどういう宗教なの?」
「日本の道徳教育は何を規範としているの?」などなど・・・。

こういった質問に自分なりの見識で自国のことを話せるようにならないといけないのではと。特に日本文化というのは世界のどの文明にも属さない独自性を持っているからこそ、世界から注目されてるんじゃなかろうか。こういったグローバル化の時代だからこそ、我々日本人が祖国を誇りに思って祖国愛を深めていくことも同時に求められていくんじゃなかろうか!?

もりもり兄はどう見た!!?
【2013/04/15 21:23】 URL | あらや #- [ 編集]


新家くん、遅くなったけどコメントありがとう!
残念ながら日本への注目度は決して高くないかな。テキサスの人は日本がどこにあるかもわかってない人が多いしね。ただし、車社会の分、自動車等からの印象で日本製品への評価は未だに高いと思う。
日本文化は世界のどの文明にも属さない独自性を持っているとは少し言い過ぎな気がするけど(むしろ東アジア文化圏の中で共通な文化的基盤があると思う)、国際社会で生きていくために、自国の文化や規範をまず学ぶ必要があるというのは同意します。アメリカ人はそうした自国への誇りについては徹底しているしね。日本人一人一人が自覚を持って考えていくべきでしょう。
【2013/04/17 21:35】 URL | タツヒコ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ryusozan.blog64.fc2.com/tb.php/10-c197d3c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

タツヒコ

Author:タツヒコ
アメリカのテキサス州ヒューストンに駐在する商社マンです。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。