FC2ブログ
午後23時、アメリカ南部にて
アメリカのテキサス州ヒューストンに駐在する筆者が当地にて感じた様々な事柄をお伝えします。
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テキサス肥料工場爆発事故
今週はボストンでの爆弾テロに並行する形で、アメリカで起きたもう一つの爆発、テキサスでの肥料工場爆発事故で、テキサスが全世界で報道された週だった。いつものことながら、テキサスが世界的なニュースになる時は良くないニュースであることが多いのが残念だが、今回のニュースが他と違うのは、その悲惨さに加えて、舞台がテキサス州のほぼど真ん中、同じテキサスでもヒューストンとは別世界であった点であろう。

爆発事故の概要はこちら↓
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130418/k10014010781000.html

実は今回の事件が起きた町ウエストから程近いところに、弊社の関連会社の工場があり、僕もあの辺りは何度か車で訪れたところがある。また、ウエストの近辺には、その工場の関係者の住宅が集まっている。それもあって事故の一報を聞いた時、僕はともかくもその工場の関係者に被害者がいないか心配になり、仲のいい社員を入れた。程なくして、工場関係者やその家族には被害がないことを知り、ほっと胸をなでおろす。そしえt次に思ったのは、「まさかあんな静かな地域でこんな大きなニュースが起きるなんて」ということだ。

テキサス州の三大都市といえば、ヒューストン、ダラス、サンアントニオだ。そしてその地域は、その三つの都市を結んだ三角形の重心あたりに位置する。ヒューストンから訪れる場合は、Highway 6をひたすらまっすぐ北西に3時間程車を走らせることになる。ヒューストンから30分程度走り終えた頃には、道の両側にはほとんど建物はなくなり、どこまでも農地と牧草地が広がるため、運転に疲れた時には単調すぎて居眠り運転にならない様、注意しなくてはならない。

そして、Highway 6はその辺りで随一の大きな町ウェイコーにぶつかるが、そこを過ぎれば、北に行っても、東に行っても、西に行っても、今度こそのどかな農地と牧草地、もしくは荒野が広がっている。こう書くとかなりの田舎の様だが、(実際に田舎には違いないのだが)、そこは田舎だとしても伝統ある格式高い田舎なのである。何かといえば、近くにはジョージ・ブッシュ元大統領の農場があり、周辺のレストランにはしばしばブッシュ元大統領が訪れた写真が飾られ、ブッシュ氏の関連グッズが販売されている。まさに、典型的なテキサス、典型的なアメリカ南部なのだ。広大な土地を抱え、大規模な農業や牧畜に従事する大家族が暮らす地域、そこはヒューストンとは違う、別の、そしておそらく本来的なテキサスであり、ニュースになる様な事件とは無縁なはずだった。

だが、今回の爆発事故は、そうした牧歌的な生活にとっては生命線である穀物肥料を提供していた肥料工場で起きた。さらに、工場の位置するウエスト自体は、19世紀半ばにチェコ系移民によって開拓された小さな町で、肥料工場は住民の最大の雇用主であり、アンモニアの異臭に対する住民の再三の抗議にも関わらず、強気な肥料メーカーは安全基準を改善しようとしなかったそうだ。さらに、テキサスの他の多くの田舎町と同じ様に、街の消防機能は、ボランティアの消防隊員によって維持されている。彼らは都市部の消防署員がこの規模の火災に持つべき装備をほとんど持たずに、炎に向かっていたという。農業や牧畜を中心とした暮らしは、潜在的な危険と隣り合わせだったというわけだ。

都市化を深めるヒューストンがある一方で、テキサスの伝統的な暮らしを続ける地域もある。今回の一件で改めて実感させられたテキサスという土地の多様性。今後もそうした多様性を十分に認識して、この土地のことをより深く知っていきたいと思う。

今回の事故の犠牲者の方のご冥福を心よりお祈りするとともに、未だ行方不明な方々の一刻も早い発見を願っています。

写真はその地域の風景。空がどこまでも高い。
tsi.jpg


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ryusozan.blog64.fc2.com/tb.php/11-f19f8a12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

タツヒコ

Author:タツヒコ
アメリカのテキサス州ヒューストンに駐在する商社マンです。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。