FC2ブログ
午後23時、アメリカ南部にて
アメリカのテキサス州ヒューストンに駐在する筆者が当地にて感じた様々な事柄をお伝えします。
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒューストン観光ガイド① ロスコ・チャペル
「個々の宗教を超えて、時に「神」と呼ばれる超越的存在に近づける場所があったなら」

科学技術は絶え間ない発達を続け、先端医療等の分野ではかつて「神の領域」と呼ばれていたタブーに近づこうとしている2010年代現在。それでも未だ宗教は衰えることなく、各宗教間の争いは国際紛争の主要因となっており、宗教を超えて人間存在を洞察できる機会がますます求められていると言える。

1960年代のアメリカはテキサス州ヒューストン、そんな課題に挑んだ二人のユダヤ系アメリカ人がいた。20世紀半ばのアメリカ美術界できらめきを放ったムーブメントである抽象表現主義(Abstract Expressionism)を代表する2人のアーティストであるマーク・ロスコとバーネット・ニューマンである。

ヒューストン都心のほぼ中心に近いエリアに彼らの挑戦の結晶としてのモニュメント、ロスコ・チャペルはある。隣接するメニル・コレクションと同じく、世界的石油サービス企業であるシュランベルジェの創始者一族であり、20世紀半ばのヒューストンでアーティストの最大のパトロンとして活躍した、ジョン・メニル、ドミニク・メニル夫妻が企画したものだ。

近くの芝生でくつろぐ地元っ子たちを横目に敷地内に近づくと、まずバーネット・ニューマンのBroken Obelisk(壊れたオベリスク)に出迎えられる。晩年の彼が多く製作した彫刻作品で、ピラミッドの上に下部が破損したオベリスクが逆さに突き刺さっている。古代エジプトに起源を持つ宗教的モニュメントを冒涜したかの様なそのシルエットは、彼の作品に通低する宗教的な絶望を示唆すると同時に、より普遍的なものへの熱望を示している様にも思える。

そして、オベリスクの脇には、六角形の建物であるロスコ・チャペルが静かに立ち、中にはマーク・ロスコが製作した一連の壁画が掲げられている。深い黒と紫色で染められたその壁画は、常にロスコ自身が望んだ様に、全ての壁を覆いつくす様に展示されることで、その中心に立つ者に、どの時間にも属してもいないかの様な超時間的な感覚を与え、それでいて、自分の存在を超えた何者かへの親密な結びつきを感じさせる。

企画者であるドミニク・メニル婦人は語った。

"This Chapel has roots deeper than our involvement. It is rooted in the growing awareness that love and the search for truth are unifying princples. It is rooted in the growing hope that communities who worship God should find in their common aspiration the possibility of dialogue with one another in a spirit of respect and love".

(このチャペルは私たち自身が関わったものよりも深いところに根ざしているのです。それは愛と真実への探究心が誰もに共通する原則であるという高まりつつある実感であり、それぞれに「神」と呼ばれるものを崇拝するそれぞれの集団が、尊敬と愛の精神の下、相互理解に至ろうとする情熱を分かち合えるはずだという希望なのです。)

残念なことに、マーク・ロスコとバーネット・ニューマンの両名は、このチャペルの完成を見ることなく、1970年に相次いでこの世を去った。一貫して「Abstract(抽象芸術)」と呼ばれることを嫌い、自身の作品が持つ宗教的性質を否定しなかった2人。「約束の地」を追われて以後、2000年以上を超えた離散の歴史を送ってきたユダヤ人の末裔として、「宗教間の融和」への望みも共通して強かったのかもしれない。

************************************************

ヒューストン観光ガイドをするなら、絶対に最初に紹介したいと思っていたスポットです。20世紀中盤のアメリカ美術が至った一つの到達点であるとともに、難しい背景知識なしに、その中心部に静かに座ることで、自分自身にもゆっくりと向き合える場所。ぜひ訪れてみてください!

menil.jpg


Rothko Chapel(ロスコ・チャペル)
http://www.rothkochapel.org/
住所: 3900 Yupon St, Houston, TX 77006 アメリカ合衆国
電話:+1 713-524-9839
営業時間:
月曜日 10時00分~18時00分
火曜日 10時00分~18時00分
水曜日 10時00分~18時00分
木曜日 10時00分~18時00分
金曜日 10時00分~18時00分
土曜日 10時00分~18時00分
日曜日 10時00分~18時00分
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ryusozan.blog64.fc2.com/tb.php/23-7379edf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

タツヒコ

Author:タツヒコ
アメリカのテキサス州ヒューストンに駐在する商社マンです。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。