FC2ブログ
午後23時、アメリカ南部にて
アメリカのテキサス州ヒューストンに駐在する筆者が当地にて感じた様々な事柄をお伝えします。
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cast me if you can / アメリカ人の笑い
昨年の9月末に、同じ課の後輩がアメリカ駐在の餞別の品としてくれた本が、「アメリカ人とノリよく話して友達になれる10レッスン」という本だった。事前に彼から何が欲しいか聞かれたので、僕としては、南米でのビジネスのためにスペイン語の本をリクエストしたのだけど、アメリカ生活がうまく行く様にと気をきかせた後輩がこの本も買ってきてくれたのだ。

入社以来海外業務に携わってきたと言っても、留学経験もなく、英語のスラングについては、「Fxxkは人前では言ってはいけない」とか極めて限定的な知識しかない僕にとっては、この本はすごく、おそらく彼が期待していた以上に、重宝している。中でも、ところどころに書いてある「アメリカンジョークの事例」というコーナーが特に参考になる。日本語であっても大して面白くない僕ではあるが、アメリカ人相手に笑いを取るのは未だにかなり大変なのだ。

そもそもアメリカ人は何に笑うのだろうか? 先日あったイベントは、そんなことについて僕に深く考えさせた。

そのイベントというのは、ヒューストン日米協会が主催する映画の上映会で、「脇役物語(英語でのタイトルはCast me if you can)」という日本映画を上映したものだ。事前の連絡で、ウッディ・アレンを意識したロマンティックコメディーとの説明を見た時は、日本人の監督や俳優がコメディーを演じても、わかりやすいものが好きなアメリカ人には十分に面白さが伝わらないんじゃないかと、余計なお世話ながらに心配になってしまったものだった。

金曜の仕事が終わった後、全米一と言われるヒューストンの渋滞に巻き込まれた僕は、開演より10分遅れて、会場である南部有数の私立大学、ライス大学に到着した。会場に着き扉も開ける時まで、「もしかしたら数人の日本人しかいないんじゃないか」と相変わらず余計な不安を抱えていたのだが、いざ扉を開けてみると、ホール中は階段や通路に至るまでアメリカ人の観客で溢れていた。若干アジア人が多い様にも見えたが、白人も黒人もラティーノも少なからず集まっている。何より驚かされたのは、ホールのそこかしこから、ひっきりなしに笑い声が聞こえることだ。そんなに面白いのかと僕もスクリーンに釘づけになる。

大まかなストーリーは、万年脇役俳優だった主人公(益岡徹)が、ついにウッディ・アレンの日本版リメイクの主役という大役に抜擢されるのだが、とあることからその話がダメになり、大役を取り戻そうと悪戦苦闘していた時、女優の卵であるヒロイン(永作博美)と出会って恋に落ちるという話。ただ特筆すべきなのは、それぞれの場面で見せる登場人物たちの日本人離れした振舞いである。例えば、ヒロインであるアヤは、設定上、20歳以上年上のはずの主人公をほぼ初対面から、「ヒロシ」とファーストネームで呼び捨てにし始める。また、何かが起きた時のリアクションも、まるでコントかと思うほど、常にオーバーリアクションなのだ。

実はそれもそのはずである。監督である緒方篤氏は、アメリカで幼少期を過ごし、今でも日本とアメリカを往復し続ける生活を送っていて、上映後の質問会でも、「自分は日本とアメリカの両方のアイデンティティーを持っている」と早口の英語でまくし立てていた。日本の笑いはアメリカ人にはウケないかもしれないという僕の心配は、筋違いだったというわけだ。

それでもその質問会で、真っ先に手を挙げた白人の老人の質問は、アメリカ人の知性の奥深さを感じさせた。

「監督、素敵な映画をありがとう。私は心配だったのだが、我々アメリカ人は監督が笑いを意図していない場面で笑っていたりはしなかったかね?」

Rice.jpg
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ryusozan.blog64.fc2.com/tb.php/3-8d049860
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

タツヒコ

Author:タツヒコ
アメリカのテキサス州ヒューストンに駐在する商社マンです。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。