午後23時、アメリカ南部にて
アメリカのテキサス州ヒューストンに駐在する筆者が当地にて感じた様々な事柄をお伝えします。
06 | 2018/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グルメの街ヒューストンと呼ばれて
何ヶ月前にこのブログで、ヒューストンが「文化と食の街」という理由で、ニューヨークタイムズが選ぶ「今年訪れたい観光地ベスト46」の中で第7位に選ばれていたことを紹介した。(http://www.nytimes.com/interactive/2013/01/10/travel/2013-places-to-go.html?_r=1&)その後、「文化都市ヒューストン」としての姿は、このブログでも折に触れて何度も紹介してきたつもりだけれど、そういえば「食」の方にはその後触れていなかったので、今回改めて紹介してみたい。

日本からの訪問者がある度に頭を悩ませるのは滞在中の食事だ。滞在が短期間であれば、日本の皆さんの「カウボーイのテキサス」というイメージに答える形で、ステーキハウスにお連れして、日本では考えられないサイズの特大ステーキを食べて頂くのが定番だ。また、もう何日かあれば、同じくテキサスの定番料理のテキサスバーベキューや、お隣のルイジアナの料理であるケイジャン、メキシコ料理がテキサスで独自のアレンジを加えられたものであるテックスメックスなども楽しんでもえらる。

ただ、こうした料理はどちらかというと豪快で素朴な味付けが魅力で、舌の肥えた日本の皆さんに、「こんな洗練された料理は食べたことがない!」と言ってもらえる様なレストランは余りない。しかし最近では、石油ガス産業の好況もあってか、グルメなヒューストニアン達の需要に応える形で、非常に凝った味付けや盛付のレストランが登場しつつある。ニューヨークタイムズが紹介しているUnderbelly、Uchi、Oxheartの3店はその代表例だ。

まず、Underbelly。ヒューストンの中で最もオシャレなレストランが軒を連ねる、MontroseとWestheimaerが交わるエリアにあるこの店は地元生まれのオーナーシェフ、クリス・シェパード氏が自信の理想を体現したお店だ。メニューは大皿料理が10数品しかないシンプルな構成となっており、しかも素材の供給状況に合わせて、週単位で頻繁に変わる。ヒューストンでここでしか見たことがないのだが、一部のメニューには、使われている肉や野菜がどういった農家や牧場で作られたかが、生産主の写真入りで紹介されていて、シェフの素材への強いこだわりが感じられる。

ジャンルとしては「ニューアメリカン」に分類されていて、南部の伝統的な肉料理をベースとしているものの、味付けは他とは比較にならない程に複雑で繊細な味付けになっており、盛付も鮮やかだ。それでいて、様々な人種、民族を抱える多文化都市、今やアメリカ一の貨物扱い量を誇るヒューストン港を有する国際港湾都市としての立地を活かし、世界の様々な料理からインスパイアされた味付けも見られ、特に日本料理と韓国料理からの影響が強い様に思える。個人的には、この街でで他であまり見ないヤギ肉の各料理がおススメだ。

underbelly.jpg

次にUchi。Underbellyのごく近くに位置するこの店は、名前から想像がつく通り、オーナーシェフであるアメリカ人タイソン・コール氏による日本料理とアメリカ料理のヒュージョンのお店である。日本人にとっては、ヒューストンに数多くある日本人以外のオーナーが経営する日本料理店は「残念」な味なことが多く、色には鮮やかだが何が入っているかわからない巻き物にがっかりさせることもしばしばだ。だが、このUchiは、日本料理のアレンジもここまで本気でやれば、全く異なる別のジャンルとして評価できるという素晴らしい例だ。

味付けは、多くの場合日本料理とは若干異なるものの、様々な素材や調味料からなる重層的な味で、別のジャンルだと思えば非常においしい。シーフードを中心としたメニューは、その素材の多くを日本の築地や福岡から直送で取り寄せており、ここのシェフのこだわりも相当なものだ。そして、どの料理も凝った盛付で、見た目にもすごく美しい。日本料理や日本文化は日本人にしか理解できないと思っている人にこそ、この多文化都市で生まれた「日本文化の一つの進化」をぜひ試してほしいと思う。個人的にはフォアグラのお寿司が絶品でした。

uchi 1

uchi 2

二つのお店に共通するのは、素材に対する徹底したこだわりと、素材をもたらす自然環境への配慮、そして、異なる食文化に対する極めてオープンな姿勢である。思えばこうした料理は、今やアメリカで最も多文化的と言われるヒューストンでこそ生まれるのかもしれない。異なる文化の共存は、少なくとも食文化という形では、こうした洗練された新たな価値を生み出した。それでは、社会としてのヒューストンがどこに向かっていけるのか、それは素材である僕達一人一人が「様々な味が調和したハーモニー」を目指して、日々体現していくことなのだろう。

なお、三店目のOxheartを訪れるのは事情があってしばらく先になりそうです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ryusozan.blog64.fc2.com/tb.php/39-70928f32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

タツヒコ

Author:タツヒコ
アメリカのテキサス州ヒューストンに駐在する商社マンです。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。