FC2ブログ
午後23時、アメリカ南部にて
アメリカのテキサス州ヒューストンに駐在する筆者が当地にて感じた様々な事柄をお伝えします。
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローマ法王の退位とラティーノ
以前、WASPという言葉を紹介した通り、アメリカのキリスト教の主流はプロテスタントだが、北部メキシコという意味でのテキサスでいえば、テキサスに住むラティーノの圧倒的多数はカトリックである。そして、テキサスから南にパタゴニアまで広がるラテンアメリカ世界全体でも、人々の多くはカトリックの信仰を保っている。

29年間のこれまでの人生で、旅行と出張を合わせて、世界のほぼ全ての地域を訪れてきたが、僕の個人的な感覚では、バチカンやイタリアの一部を除いて、ラテンアメリカ世界ほどカトリックの信仰が息づいている場所はないと思う。それもカトリックが、スペイン人の侵略(Conquistador)とそれに伴う宣教師の到来の時に、外部から入ってきたものであってもだ。

そのカトリックのトップである、28日に歴史的退位を果たしたローマ教皇ベネディクト16世については、当地でも連日トップニュース扱いになっていたが、その報道の中でしばしば、「6世紀ぶりの生前退位」という言葉が使われていた。この時念頭に置かれているのは、1415年に生前退位したグレゴリウス12世だ。僕としては、体力の衰えによる今回のベネディクト16世の退位を、このグレゴリウス12世の退位と並列に論じることに若干の違和感を覚えていた。世界史が好きな人なら覚えているかもしれないが、1415年の退位というのは、歴史の教科書に「大シスマ」と書かれていた教会大分裂(中世ヨーロッパにおけるイタリアとフランスのカトリック教会の対立)を収束させるために、グレゴリウス12世が渋々ながら退位に同意をしたものだ。

つまり、今回のベネディクト16世の退位は、それくらいカトリックの歴史の中で異質なものなのである。そして、その異質さを背景としてか、ラティーノの間では、ある種の期待が広がっている。カトリックの歴史の中で、テキサスのカトリックを含むラテンアメリカ社会から、ローマ教皇が選出されたことはない。6世紀ぶりの生前退位と言っても、コルテスやピサロが南米に来たのは16世紀だから、ラテンアメリカ世界のカトリックにとっては、ローマ教皇の生前退位というのは、歴史上初めてのイベントなのだ。いつもとは違うシナリオを期待してしまうのも無理はないかもしれない。

うちのオフィスのアルゼンチン人、ペルー人、メキシコ人の同僚にそれぞれ聞くと、どの国でも本国の新聞では、次の教皇は自分の母国から選出されるかもしれないとの報道がなされているという。特にメキシコについては、ベネディクト16世が最後の集会でも、昨年メキシコを訪問した際に送られた赤い靴を履いていたことから、何となく期待は高まる。もちろん圧倒的にヨーロッパの枢機卿たちの力が強いコンクラーベ(教皇選出会議)でラティーノの教皇が選出されることは、実際には相当難しいのだろうが。

最後の集会におけるベネディクト16世の言葉を英語とスペイン語の報道から引用してみる。

"I will be no longer the pope at the end of the day. I'm just a pilgrim who is starting the last part of his pilgrimage on this earth"

"Al final del día ya no seré Papa sino solo un peregrino"

(今日が終わる時、私は法王ではなくなり、現世における一介の巡礼者になるのだ)

現世における彼の残りの巡礼に、色々と課題を抱え、信仰を必要としているラテンアメリカ世界は含まれているのだろうか。



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

隊長の深い考察が非常に面白い!!日本では少しニュースに流れただけで職場で話題になるわけもなく、、、。うちのヒューストンオフィスでは話題になったのか気になるところだけど、宗教の話をするほどの仲ではないので聞くに聞けないです。笑
【2013/03/04 14:55】 URL | ANGIE #- [ 編集]


アンジーさん、コメントあめりがとうございます。
日本ではそんなに報道されていないのですね。当地では未だに毎日、次の教皇の選出の行方がニュースで流れてます。もちろん当地でも宗教の話題は気軽に話せる話題ではないですが、今回の件くらい連日ニュースで報道されると、一大イベントとして盛り上がれる空気があります。
【2013/03/04 22:15】 URL | タツヒコ #- [ 編集]


新ローマ法王が選出されましたが、そちらでは盛り上がったのでしょうか。日本でもテレビ報道がされていましたよ。アルゼンチンでしたね~。
【2013/03/15 14:52】 URL | ANGIE #- [ 編集]


ANGIEさん、もちろんです!こちらではフィエスタ(お祭り)状態でした。これについては詳しく書きたいので、週末またアップします。
【2013/03/15 21:24】 URL | タツヒコ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ryusozan.blog64.fc2.com/tb.php/4-a1bbf596
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

タツヒコ

Author:タツヒコ
アメリカのテキサス州ヒューストンに駐在する商社マンです。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。